生まれ変わるなら

生まれ変わるなら

生まれ変わるなら男性がいいですか?女性がいいですか?今の性別と同じかどうかはわかりませんが、この2択はすんなり答えが出る人もいれば、迷う人もいるでしょう。

男性も今やきれいになりたい時代です。女性のようにおしゃれをしてスカートやドレスを着てみたいとおもうかもしれません。美容に興味のある男性は髪をロングにして、ネイルをしたり、脱毛に通っているかもしれません。しかしお化粧をできるのは一部の男性ですし、普段はできる格好も限られていることでしょう。そういった意味では女性は自由です。好きな服や好きな靴を履けます。カバンもおしゃれで比較的レディースは安くてもおしゃれなものが手に入ります。女性はファッションを楽しむ機会が男性より多いかもしれません。

さらに主婦になれます。男性が主夫になるケースはまだまだ珍しく、女性ならではの職業です。365日休みがありませんが、自分の裁量で家事ができるので、向いている人にはぴったりでしょう。またこどもと過ごす時間も必然的に長くなります。こうした生活に憧れる男性も多いでしょう。

女性はすぐにグループをつくって、話すことが大好きです。男性はわりと初対面で仲良くなることは少ないように思います。きっと女性は社交的にならないといけない場面がおおいのでしょう。女性の良さはきっと男性にも伝わっています。今までできなかった生活や経験を女性に生まれ変わったらできるかもしれません。しかしそれは女性から見た男性も同じです。

どちらがいいとは一概に言えませんが、性別を超えてできることがたくさんある社会になればいいのではないでしょうか?今は正同一性障害に苦しむ人がたくさんいます。女性だからできて、男性だからできないというのは不思議なことです。性別を考えずに一人の人間として行動できる自由な社会を目指していきたいものです。きっとそんな将来も近いでしょう。男性も堂々と日傘がさせるかもしれません。

↑ PAGE TOP